数多くの関連論文やパテント等でGcMAFの世界的発見・開発者が山本信人博士であることは有名であり、周知のことです。開発から今日まで研究開発を続け、また、臨床データを集めながら精度を高め築き上げてきたこの療法は、今後期待される治療方法の1つであると確信しています。

 

ところが昨今、開発者の手を離れ、さまざまな場所で論文やパテントの模倣、不完全な状態のGcMAF治療が行われ始めています。そこで私共は、開発者も認めるほど精度の高いnobuto GcMAF療法によって、一人でも多くの方を癌の苦しみから救いたいという願いのもと、長年にわたって山本信人博士と共に研究を重ねてこられた上田益巳教授とともに本来のGcMAFの研究開発技術を正しく受け継いだ当クリニックを誕生させるに至りました。

nobuto式GC-MAF 療法について

MAFとはMacrophage※1Activating Factor の略称名であり、GcMAFとは、ヒトの生体内で合成されているMAF(マクロファージ活性化因子)と同一の分子構造を持つように、血清材料からGcタンパク質試験管内で精製し酵素学的に合成した分子を指し、山本信人博士によって初めて命名されたものである。

※1)マクロファージは白血球の一種であり、造血幹細胞から単核白血球として分化、増殖し、後にヒトにとって異物となる物質を貧食するようにさらに分化した免疫細胞を指し当初はメシニコフ博士によって大型の(マクロ)異物を貪食する細胞として命名されていたが、現在では広範囲の異物を貧食したり、破壊したりする免疫細胞の主役として認識されている。

VS

左図は治療を行なっていないため僅かな変化しか見られない。一方、右​3つの写真はnobuto式GcMAF療法を施したしたもので、明らかに異種の赤血球をマクロファージが貪食した結果(濃い紫色のビーズ)が伺えます。

GcMAFで高度活性化したマクロファージは、癌細胞と接触してスーパーオキサイド※1を注入して癌細胞を死滅させる図。トリパンブルーは生細胞は染色しないが、死亡した細胞を青色染色する。nobuto式GcMAF療法であれば、癌細胞をマクロファージが死滅させることができる。

※1スーパーオキサイドとは:強力な酸化剤。癌細胞をやっつける猛毒のようなもの。

癌細胞の貪食を可能にするには、下記グラフに示すような
マクロファージの高活性が必要不可欠

健常者の血清を高濃度の緩衝液で処理し、affinity chromatographyにより、6M guanidine-HCLで注出した特徴的ピーク(2nd Peak)はビタミンDзに親和的なGc Proteinである。この特徴的分離、精製法は、上田教授の開発した手段によるものである。したがってさらにgalactoseおよびsialic acidのみを選択的に遊離させた成分であるGcMAFを高度に合成した製品は外に例をみない。

 

このGcMAFは、免疫細胞のmacrohpageを極めて強く活性化し寛解のための新薬として評価でき、近々ueda GcMAFとして発表したいと考えている。

nobuto式GcMAF療法による癌患者のもつ
血清中特異的酵素※2(山本信人博士の発見)の減少例

 

患者血清中nagalase活性を継時的に測定すると病勢の寛解状況が認識できる。

​※1週1回100ngを投与する

※2:4-Nitrophenyl-α-D-acetylgalactosaminidase (略称:Nagalaseナガレース、nmol/min/mg)

Q.免疫機能ってなぜ低下してしまうのですか?

A.特別なことではありません。加齢によって誰の身にもおこるのが免疫機能の低下です。

免疫機能を担うものには、顆粒球(体内に侵入した病原体に最初に攻撃をしかける自然免疫を担当する細胞のひとつ)マクロファージ(血液中の白血球の5 %を占める単球(単核白血球)から分化。免疫細胞の軸となるアメーバ状の細胞で、生体内に侵入した細菌・ウイルス、また異物(がん細胞)をも貪食し消化する働きを持つもの)T細胞(敵を見分ける細胞)B細胞(抗体を放出する細胞)などがあります。

免疫力が低下する原因の1つである加齢。それと共に機能が低下してくるのは、この中のB細胞やT細胞です。T細胞に敵を見分ける能力が落ちてくると、敵を敵であると判断できなくなるため、感染症にかかってしまうことや、正常な細胞を正常だと判断できずに攻撃してしまうなどのミスを犯してしまうことで、自分自身の細胞を傷つけてしまうことも出てきてしまいます。​

​免疫システムが低下するということは、外敵から身を守れなくなるだけではなく、自己を破壊してしまうことにまでつながってしまうということなのです。

山本 信人 博士                                    

大正14年4月26日生まれ  本籍地              福岡県田川市                                                       

                                                                               

現 職    ソクラテス免疫療法学研究所長、 Philadelphia、PA 19126                                                      

                                                                               

学 歴     昭和22年3月  九州大学工学部卒業 工学士                           

                昭和28年3月  九州大学理学部大学院修了、物理学博士                       

                昭和33年3月  名古屋大学医学部大学院特別研究生修了、医学博士                   

                                                                               

職 歴    昭和33年4月〜昭和34年10月      岐阜医科大学公衆衛生学教室助教授                                               

                昭和34年11月〜昭和36年10月  フィラデルフィア癌研究所客員研究員                                           

                昭和36年11月〜昭和37年6月    インディアナ大学細菌学教室客員研究員                                       

                昭和37年7月〜昭和38年10月    アメリカ国立公衆衛生研究所生物物理学・生化学研究室客員研究員                                       

                昭和38年11月〜昭和40年5月    テンプル大学医学部微生物学教室助教授兼フェルス研究所主任研究員                                   

                昭和40年7月〜昭和46年5月      テンプル大学医学部微生物学教室准教授兼フェルス研究所主任研究員                                   

                昭和46年7月〜昭和54年7月      テンプル大学医学部微生物学・免疫学教室教授兼フェルス研究所主任研究員                                       

                昭和53年7月〜昭和54年7月      長崎大学医学部泌尿器科学教室客員教授                                       

                昭和54年7月〜平成2年7月        ハーネマン大学医学部微生物学・免疫学教室教授                                           

                平成2年12月〜平成2年12月      テンプル大学医学部生化学教室研究教授                                       

                平成3年3月〜平成5年12月        テンプル大学医学部フェルス癌研究・分子生物学研究所研究教授                                           

                平成5年12月〜現在に至る         ソクラテス免疫療法学研究所長

​左:上田教授   右:山本博士

上田 益巳 教授                                    

 

昭和9年3月18日生まれ     本籍地          鳥取県 米子市

 

現 職    島根大学文理学部理学士  1961

    鳥取大学医学部医学博士   1971  細菌学                                                   

                                                                               

                                                                               

職 歴    1961/04 - 1971/04  鳥取大学医学部細菌学教室助手                                               

               1971/05 - 1974/09  鳥取大学医学部細菌学教室講師                                       

               1971/06 - 1972/06  交換研究者、フィラデルフィア市テンプル大学医学部フェルス研究所山本信人教授主宰研究室

               1974/10 - 1977/03  鳥取大学医学部細菌学教室助教授

               1977/04 - 1999/03  鳥取大学医療技術短期大学部教授(微生物学・免疫学・生物学)

               1981/05 - 1982/05  鳥取大学医療技術短期大学部衛生技術学科主任教授

               1984/05 - 1986/05  鳥取大学医療技術短期大学部衛生技術学科主任教授

               1992/05 - 1994/05  鳥取大学医療技術短期大学部衛生技術学科主任教授

               1996/05 - 1998/05  鳥取大学医療技術短期大学部部長

               1996/05 - 1998/05  鳥取大学評議員

               1999/03                  鳥取大学定年退職、鳥取大学名誉教授

               2003/03  - 現在に至る  ソクラテス免疫療法学研究所副所長

論文紹介

nobutoGcMAF乳癌論文

Immunotherapy of metastatic breast cancer patients with vitamin D-binding

protein-derived macrophage activating factor (GcMAF)

​>>内容を読む

nobutoGcMAF大腸癌論文

Immunotherapy of metastatic colorectal cancer with vitamin

D-binding protein-derived macrophage-activating factor, GcMAF

​>>内容を読む

nobutoGcMAF前立腺癌論文

Immunotherapy for Prostate Cancer with Gc Protein-Derived Macrophage-Activating

Factor, GcMAF1

​>>内容を読む

​東京都中央区明石町5-19 横山ビル2F

5-19 YOKOYAMA Bldg. Akashi-cho Chuo-ku TOKYO

nobuto式GcMAF療法説明会お申込みは​
​<お電話受付時間:平日10:00ー15:00>

Tel: 03-6278-8081

Fax: 03-6278-8082

0120-051-755